トナー

保守契約を結ぶ理由

消費者が新品のコピー機を購入した際には、点検や修理をしてくれる保守契約を必ず結ぶことになります。なお、中古のコピー機の購入に関しては保守契約は任意となります。また保守契約にはいくつかの種類がありますが、約8割はカウンター保守契約となります。

詳しく見る

3Dプリンター

3D作品を印刷するため

3Dプリンターを利用すれば立体物を印刷できるため、趣味に大活躍させることができます。家庭用の3Dプリンターなら5万円以下で販売されている製品もあるため、パソコンを持っているのなら気軽に購入してみましょう。

詳しく見る

インク

にごらずに鮮明な仕上がり

コニカミノルタのトナーは、トナー粒子の小径化を実現し、形状の均一化も実現しています。濃い色だけでなく、淡い色の再現もクリアです。ワックス成分を配合していますので、粒子を定着してからの耐久性が高く、高画質に色を再現します。

詳しく見る

印刷機

新しく事務所に導入したい

コピー機を買わずにリースするメリットは、事務所を引き払う際に処分に困らないところです。また、リース料金は経費扱いにできます。初期費用がかからないので、まとまったお金がない場合でも導入が可能なところも利点です。

詳しく見る

コピー機

導入すれば多くの利点あり

新規事業を創造する企業の殆どが、中古のOA機器を導入しています。なかでもコピー機は、ビジネスを加速させる為にも欠かせません。納期が圧倒的に早く、トータルで掛かるコスト(費用)が圧倒的に安いというメリットがあります。

詳しく見る

OA機器を安く導入

男性

整備された商品を選ぶ

新品と違って一度どこかで使われた中古コピー機は、販売価格も安くコスト削減に効果的です。ただし安いからといってよく調べずに買ってしまうと、思ったような性能が出ないときもあります。購入を決める前に、価格以外のポイントも比較することが大切です。基本的な機能の一つである印刷機能に不具合があると、満足できる印刷物も作れません。印刷した時に文字が鮮明であるか、かすれが発生していないかを必ず確認しておきます。販売店で印刷確認をしていれば問題ありませんが、なされていない店舗を利用する場合には、試しに印刷してもらうと視認できます。カラー印刷の機能がある中古コピー機の場合は、色の再現性についても調べておきます。原色の発色具合はもちろん、中間色も的確に印刷できるか、カラーチャートで確認すれば万全です。使用回数の多い中古コピー機の中には、紙送りが上手く行かない製品もあります。そうした製品は紙詰まりなどのトラブルを起こす可能性もあるため、内部の部品について動作確認がされている、または部品交換がされているものを選ぶようにすれば安心です。保証が付いている商品なら、購入後も長く使い続けることができます。中古コピー機の場合、メーカーの保証が切れていることがほとんどです。しかし良いお店なら独自の保証を付けて販売しています。そうした商品はお店がしっかりと整備していることが多く、品質的に優れていると考えられます。不具合が起きても誠実に対応してくれるお店の商品なら、検討に値すると言えるでしょう。

Copyright© 2017 中古コピー機を選ぶときの注意点を知ろう! All Rights Reserved.