住み良いマイホームにするのなら【クリーニングやリフォームの底力】

住宅環境の変化

高齢化社会における住宅環境

現在日本は高齢化社会となっており、高齢者に優しい住宅づくりがリフォーム業界でのトレンドとなっています。実は、高齢者が住んでいる住宅は、彼らがまだ若い頃にバリアフリーの概念も乏しい中で建築された家が多いのです。このような、高齢者が長く過ごした住宅を、これからの余生を快適に過ごせるようにリフォームする需要は年々高まっています。例えば階段やお風呂、トイレなどに手すりを設置するといった簡単なリフォームから、玄関の段差を無くす、扉を力を入れなくても開けられるような扉に変更するといった大きなものまで需要は様々です。日本政府も、高齢者の住居でのリフォームについて補助金を出すこととしており、これが広く国民に周知されれば、リフォーム需要はさらに高くなります。

古い家をリフォームする場合の注意

また、少子高齢化による人口減少傾向の中、高齢者の住んでいた住宅を継ぐ者がおらず、古い家が余り始めています。これらの家は、比較的相場よりも安く購入することができることから、このような古い家を買って自分好みにリフォームする人も増えています。しかし、リフォームはあくまでも一部の変更に留まるものであり、家の基礎からすべてを取り払い、建て直すものではありません。その為、古い住宅、特に木造住宅ではリフォーム段階で基礎の強度が落ちていることもあり、思わぬ追加工事を求められることが稀にあります。その為、事前に複数の業者に査定をしてもらい、事前に自分の家の状態をしっかり理解したうえで、信頼できる業者を選定するようにしましょう。